あなたの豊かな投資ライフを応援するこのコラム。今回はセミナー中の心得(後編)について解説したいと思います。

それでは、いよいよセミナーが始まりました。まず注意していただきたいのは、講師の方の話す内容です。セミナーの趣旨とずれてはいないか、説明は丁寧か、言葉遣い、言い回しは適切か、などに注意してください。せっかくですので、投資に関する知識、情報を得るだけでなく、次回のセミナー参加に生かせるよう、講師の方がどういう姿勢でセミナーを行っているかにも注意を向けましょう。

また、セミナーの主催者にも同じように気を配って下さい。対応は親切であるか、時間は正確に行われるか、連絡先がきちんとしているかなどに注意を向けることによって、良い主催者なのか、あまり良くないのかを判断してください。

講師の方、セミナーの主催者のいずれかに不満を持った場合、次回以降その講師の方のセミナーは避けるだとか、主催者を選んでセミナーを決めるなどして、有意義に時間をすごせるようにしましょう。逆に、適切で分かりやすい説明、親切な対応などがあった場合、次回以降もその講師の方や主催者のセミナーには足を運ぶことをお勧めします。より効率的に費用と時間を使うことを常に考えるのは、投資と同じではないでしょうか?

さらに、いくら良い講師の方、主催者に出会うことができても、一番要である、知識、情報の内容がきちんと理解できるか、納得できるということは重要です。同じことを説明しても、その説明の仕方は人それぞれです。自分が理解しやすい、納得できる説明かをきちんと判断してください。内容が分かったとしても、きちんと理解、納得できない投資法に手をつけるのは危険です。あなたの貴重な資産と時間を効果的に運用するためにも、最低限これは押さえましょう。「生兵法は大怪我のもと」です。

ぜひ投資セミナー.comであなたに合うセミナーを探してください。


ここに記事共通のテキストを入れられます。